サンファーネス株式会社

お問い合わせ電話番号

雰囲気炉

雰囲気炉

概 要

鋼は大気中で熱処理を行うと
酸化
脱炭
が起こるため、表面仕上げなどの加工が必要になる場合があります。そのため、後加工の手間を省いたり、酸化や脱炭を抑制したりするなどの用途に応じて
雰囲気ガス
を炉内に充填させて加熱処理する雰囲気炉が多く用いられています。充填する雰囲気ガスは、窒素やアルゴンなどの不活性ガスをはじめ、水素やAXガスなど、材料の性質や熱処理の目的によって多岐にわたります。

特 長

  • 熱処理中にガスの切替が可能です。
  • バッチ型や連続式などのさまざまな形状の炉の取扱いがあります。
  • 粉末冶金
    向け脱脂炉の取扱いがあります。
温度 ~1500℃
雰囲気 窒素 / 水素 / アルゴン / AXガス
用途
還元
/
酸化
/ 真空置換 /
浸炭
/
窒化
/
脱脂
/ 焼準
おもな処理物 浸炭炉 / 窒化炉 / 浸炭窒化炉 / 無酸化炉
おもな搬送方法
バッチ型
/
ピット型
/
ベル型
/
回転レトルト式
/
エレベーター式
/
プッシャー式
/
メッシュベルト式

製品事例

バッチ型脱脂炉

温度 400~500℃
雰囲気 窒素、大気
用途 脱脂
処理物 セラミック
有効寸法 W750×L1250×H750
処理量 300kg/チャージ

プッシャー式焼結炉

温度 700℃
雰囲気 窒素
用途 焼準(加圧式)
処理物 砥石
有効寸法 処理物形状 φ200×H90
処理量 加熱 80min/個、冷却 50min/個

メッシュベルト式焼準炉

温度 950℃
雰囲気 窒素
用途 焼準
処理物 機械部品
有効寸法 ベルト巾 W750×H180
処理量 230Kg/チャージ、ベルト速度 15~150mm/min

解決事例

  • 課題

  • 提案

  • 解決

  • COガスの出る炉を使用しているが、メンテナンス時に危険が伴う
  • Nガスを利用してCOガスの除去を行った
  • 作業員の安全性が確保されたうえに、制御系の改良を加えたので作業効率があがった
  • 攪拌ファンのシャフトが摩耗してガスが漏れるので交換の頻度が多い
  • 攪拌ファンのシャフトを改良した
  • シャフトの耐摩耗性の向上により寿命が延びた
  • 粉体静置処置で粉体と反応ガスの接触が少なく処理時間が長い
  • 粉体の底部分から反応ガスを入れる仕組みにした
  • 粉体とガスの接触がスムーズに行われ、処理時間が短くなり作業効率があがった
  • カタログダウンロード
TOPへ