サンファーネス株式会社

お問い合わせ電話番号

真空炉

真空炉

概 要

大気中で熱処理を行うと、鋼は酸素と反応して表面に

酸化スケール
ができてしまうため
酸化雰囲気
を避けたいという時に用いられます。真空雰囲気で熱処理を行うと金属材料の表面に付着している有機物の
脱脂
や脱ガスの作用があり、処理後は金属材料本来の光輝性のある表面が得られます。

特 長

  • 光輝を保てるため金属材料の価値を高めることが可能です。
  • 後工程の
    酸洗
    脱脂
    も不要になるため作業効率もあがります。
温度 ~1500℃
雰囲気 窒素 / アルゴン / ヘリウム / AXガス
用途
焼成
/
焼結
/
焼入れ
/
焼戻し
/
焼きなまし
/
焼きならし
/
溶体化
/
浸炭
/
脱脂
/
脱ガス
/
脱油
/
光輝熱処理
/
ロウ付け
おもな処理炉 真空光輝焼鈍炉 / 真空反応炉 / 真空脱脂炉 /粉末合金真空脱脂炉 / MIM真空脱脂炉 / 真空焼戻し炉 / 真空窒化炉 / 真空ろう付け炉 / 真空浸炭炉 / 真空脱油装置
おもな搬送方法 バッチ型

製品事例

バッチ型真空脱脂炉

温度 300℃
用途 脱脂
処理物 鉄系粉末成形品
有効寸法 W460×L920×H460
真空度 1Pa以下
処理量 200Kg/チャージ

バッチ型真空脱脂炉

温度 300℃
用途 脱脂
処理物 鉄系粉末成形品
有効寸法 W1030×L1030×H1030
真空度 1Pa以下
処理量 910Kg/チャージ

バッチ型真空脱油装置

温度 200℃
用途 脱脂
処理物 焼結部品
有効寸法 トレー寸法 W600×L860×H44
真空度 1Pa以下
処理量 300Kg/チャージ

解決事例


  • 課題


  • 提案


  • 解決

  • 油焼入時に熱逃げが起こるため必要な硬度が得られない
  • 油投入までの時間を短縮した
  • 熱逃げがなくなり必要な硬度が得られた
  • 前洗浄→浸炭→油焼入れ→油洗浄→焼き戻しの工程を手動で行っている
  • 各設備への処理品搬入出にAGV(自動搬送機)を導入した
  • 自動化により作業効率があがった
  • 熱処理の結果や工程の履歴をデジタル帳簿化したい
  • 熱処理設備のラインに生産管理システム(PC)を組み込み、必要情報を纏めてデジタル出力とした
  • 帳簿作成の整理・管理が容易になりコスト削減ができた
  • カタログダウンロード
TOPへ