サンファーネス株式会社

お問い合わせ電話番号

非鉄金属熱処理炉

非鉄金属熱処理炉

概 要

非鉄金属とは、鉄および鉄を主成分とした合金(鋼)以外の金属のことです。非鉄金属はシビアな温度管理や
酸素濃度
管理が必要です。

特 長

  • 各種
    雰囲気ガス
    を入れることが可能です。
  • 精密な温度コントロールが可能です。
  • 自動化・省エネ・安全性を考慮した熱処理が可能です。
温度 ~1650℃
雰囲気 大気 / 窒素 / 水素 / アルゴン / AXガス / メタノール滴注
用途
焼鈍
/
溶体化
/
ロウ付け
/
溶解
/
固溶化
/
時効
/ 溶融 / 精製
おもな非鉄金属材料 マグネシウム合金 / チタン合金 / 銀・貴金属 / 銅・銅合金 / 亜鉛 / モリブデン / タングステン / コバルト / ニッケル
おもな搬送方法
バッチ型
/
ピット型
/
るつぼ型
/
台車式
/
回転レトルト式
/
ウォーキングビーム式
/
エレベーター式
/
ストランド式
/
プッシャー式
/
メッシュベルト式
/
ローラーハース式

製品事例

るつぼ型溶融炉

温度 1000~1200℃
雰囲気 大気
用途 溶融、精製
処理物
有効寸法 坩堝容量 110L
処理量 900Kg

ストランド式線材光輝焼鈍炉

温度 700~1000℃
雰囲気 アルゴン
用途 光輝焼鈍
処理物 チタン合金
有効寸法 φ17.3(10A)×6本、パイプ間ピッチ:50㎜
処理量 線速 1m/min

ローラーハース式焼鈍炉

温度 700~850℃
雰囲気 窒素
用途 焼鈍
処理物 銀、銅
有効寸法 W610×L920×H380
処理量 200Kg/チャージ

解決事例

  • 課題

  • 提案

  • 解決

  • 10㎥の真空置換の炉がほしい
  • 箱形状だったため真空耐圧のために補強を施した構造とした
  • 堅牢な真空置換炉が完成した
  • 酸素濃度100ppm以下で10㎥の炉がほしい
  • デッドスペースとなるあらゆる場所から窒素を導入した
  • 100ppm以下をクリアした
  • 有効2㎡の1200℃の炉で温度分布を出したい
  • 全面にヒータを配置した
  • 規定通りの温度分布が出た
  • カタログダウンロード
TOPへ