サンファーネス株式会社

お問い合わせ電話番号

焼鈍炉

焼鈍炉

概 要

金属材料を昇温して
保持
したのちに徐冷して
残留応力
を取り除き、組織を均一にさせる炉です。金属材料は機械加工時のムラを均一化して軟らかくすることにより、本来の材質としての効果を発揮します。ガラスは成形時の温度ムラや冷却スピードなどで熱履歴に大きな影響を受けるため、
焼鈍
を行うことで組織の配列が元に戻り、光学ガラスとして利用できるようになります。

特 長

  • 急冷
    徐冷
    過時効
    などの適切な冷却コントロールが可能です。
  • 精密な温度分布を出すことが可能です。
  • 各種
    雰囲気ガス
    を入れることが可能です。
温度 ~1200℃
雰囲気 大気 / 窒素 / 水素 / アルゴン / AXガス
用途 金属材料の
焼きなまし
/ 内部応力除去 / 材料の特性改善
おもな処理物
応力除去焼鈍
/ 光輝焼鈍 / 中間焼鈍 /
張力焼鈍
/
軟化焼鈍
/
拡散焼きなまし
/
可鍛化焼きなまし
/
完全焼きなまし
/
球体化焼きなまし
/
再結晶焼きなまし
/
低温焼きなまし
おもな搬送方法
バッチ型
/
ピット型
/
ベル型
/
台車式
/
回転レトルト式
/
ウォーキングビーム式
/
エレベーター式
/
ストランド式
/
フロートコンベヤ式
/
メッシュベルト式
/
ローラーハース式

製品事例

エレベーター式焼鈍炉

温度 405~650℃
雰囲気 大気
用途 低温焼きなまし
処理物 ステンレスパイプ
有効寸法 φ1500×H5000
処理量 5000Kg/Lot

ストランド式線材光輝焼鈍炉

温度 1120~1180℃
雰囲気 水素、窒素
用途 軟化焼鈍
処理物 ステンレス鋼線
有効寸法 焼鈍管 φ27×内径φ21×t3.2×L7100 10本
処理量 180Kg/h

ローラーハース式焼鈍炉

温度 850℃
雰囲気 水素、窒素
用途 張力焼鈍
処理物 低炭素鋼板
有効寸法 板巾 W350 板厚 t0.5~t0.1mm
処理量 150kg/h

解決事例


  • 課題


  • 提案


  • 解決

  • バッチ炉の効率を上げるため入替時の炉内の熱ロスを防ぎたい
  • ポット交換を容易にできる構造にした
  • 熱ロスもなく省エネになり、回転率が上がり効率良くなった
  • 厚みのある処理物の冷却が規定時間に間に合うか心配だ
  • 各種シミュレーションを行って風量を増大させた
  • 規定時間どおりの冷却が実現した
  • 処理する水圧が高いため、角形の冷却帯では変形する可能性がある
  • 丸形状の冷却帯に変更した
  • 堅牢な冷却帯になり、変形しなくなった
  • カタログダウンロード
TOPへ