サンファーネス株式会社

お問い合わせ電話番号

焼成炉・焼結炉

焼成・焼結炉

概 要

粉末を金型に入れて成形・加熱して焼き固めることで一定の形状と強度を持たせる炉です。おもにセラミックや電池材料の製造に使用されます。セラミックなどの酸化物系の熱処理は「焼成炉」、金属粉末の場合は「焼結炉」と、焼き固める材料によって名称が変わります。

特 長

  • 脱脂
    雰囲気ガス
    の純度調整などのカスタマイズが可能です。
  • 予熱・加熱・冷却ゾーンを1台にまとめて構成することができます。
  • 材料の種類や加熱条件に応じて温度や時間を自由自在に調整できます。
温度 ~1650℃
雰囲気 大気 / 窒素 / 水素 / アルゴン / AXガス
用途
脱脂
/
焼成
/
焼結
おもな処理物 セラミック / ガラス / リチウムイオン電池 / 燃料電池  / 耐火物 /  メタルインジェクションモールド(MIM)/
粉末冶金
/  研削材砥石 /  陶磁器 / タイル / 瓦
おもな搬送方法
バッチ型
/
ピット型
/
台車式
/
回転レトルト式
/
ウォーキングビーム式
/
エレベーター式
/
プッシャー式
/
メッシュベルト式
/
ローラーハース式

製品事例

プッシャー式焼結炉

温度 脱脂 100~350℃、焼結 750~1550℃
雰囲気 大気、窒素、水素、アルゴン
用途 脱脂、焼結
処理物 メタルインジェクションモールド(MIM)
有効寸法 トレー寸法 W280×L280×H30(有効H250)
処理量 1トレー/h

プッシャー式焼成炉

温度 予熱 600~700℃、焼成 720~950℃
雰囲気 水素、窒素
用途 焼成
処理物 粉末冶金
有効寸法 トレー寸法 W650×L550×H50(有効H90)
処理量 4トレー/h

メッシュベルト式焼結炉

温度 750~800℃
雰囲気 水素、窒素
用途 焼結
処理物 粉末冶金
寸法 ベルト巾 W400×L13000×H30
処理量 50mm/min、10~100mm/min可変

解決事例


  • 課題


  • 提案


  • 解決

  • 水素排ガスを廃棄しているのがもったいない
  • 入口で燃焼させて予熱として使用した
  • 資源を無駄なく使えて省エネとなった
  • プッシャー炉で処理温度の変更を手動で行っている
  • トレーと処理条件を紐づけして自動で温度変更する仕組みにした
  • 48時間のストックが実現したことにより土日の無人運転化で作業員の負担が軽減した
  • リミットスイッチでスピード切替を行っていたが、スイッチの位置ずれがおこる
  • サーボモータを用いて位置決め制御を行った
  • 位置決め制御により位置ずれもなくなり操作も簡単になった
  • カタログダウンロード
TOPへ